レアジェムのボストンバッグ。年齢相応のちょっと大人な感じのバッグが欲しくて、でも見てわかるブランド品ではないほうが自分らしいと思い、数ヶ月前に購入したのがレアジェムです。革の触り心地も良く、仕上げも丁寧。カジュアルでもきれいめでも持てます。クオリティと汎用性がお気に入り。(2014年5月11日追記)このバッグを使い始めて1年経ちました。柔らかい革の質感は変わらずとても良く、触っていても気持ちよく、友人などにもいいねと言われます。それにとても丈夫です。しかし、使いにくい面も。堅さがないので、ファスナーが片手では開けにくく、いつもくたっとしているので中身がちょっと探しにくいです。逆に、見た目以上に実は容量が大きいので、助かるときも。次買うバッグは、もうちょっとしっかりしたタイプが欲しいかな。

レアジェムのボストンバッグ。

年齢相応のちょっと大人な感じのバッグが欲しくて、でも見てわかるブランド品ではないほうが自分らしいと思い、数ヶ月前に購入したのがレアジェムです。革の触り心地も良く、仕上げも丁寧。カジュアルでもきれいめでも持てます。クオリティと汎用性がお気に入り。

(2014年5月11日追記)
このバッグを使い始めて1年経ちました。柔らかい革の質感は変わらずとても良く、触っていても気持ちよく、友人などにもいいねと言われます。それにとても丈夫です。しかし、使いにくい面も。堅さがないので、ファスナーが片手では開けにくく、いつもくたっとしているので中身がちょっと探しにくいです。逆に、見た目以上に実は容量が大きいので、助かるときも。次買うバッグは、もうちょっとしっかりしたタイプが欲しいかな。

パイロットのフリクションボール。最近はこれさえあれば、他のペンがあまりいらない状態。消せるボールペンとして有名なフリクションボールです。間違えても消せる安心感と、修正液を使ったときとは比べ物にならない美しい仕上がりが嬉しい。消されたり、改ざんされたりして困る書類には使えませんが、だいたいはそんなことないので大丈夫。インクの減りがやや早いですが、それでも迷うことなくリピートしている愛用品です。(2014年5月11日追記)やはりインクの減りがやや早いですが、とても気に入って使っています。

パイロットのフリクションボール。

最近はこれさえあれば、他のペンがあまりいらない状態。消せるボールペンとして有名なフリクションボールです。間違えても消せる安心感と、修正液を使ったときとは比べ物にならない美しい仕上がりが嬉しい。消されたり、改ざんされたりして困る書類には使えませんが、だいたいはそんなことないので大丈夫。インクの減りがやや早いですが、それでも迷うことなくリピートしている愛用品です。

(2014年5月11日追記)
やはりインクの減りがやや早いですが、とても気に入って使っています。

ヴェレダのスキンフード。ヴェレダはドイツのナチュラルコスメメーカー。オーガニックコスメやアロマに興味のある人なら、名前はご存知と思います。そんなヴェレダが85年前の1926年に発売し、未だ変わらず多くの人に愛用されている保湿クリームが、スキンフードです。秋から冬にかけての乾燥対策に効果絶大。ハーブエキスを凝縮したクリームはこっくりを越え、ねっとり?としたテクスチャーで濃厚。荒れた肌を柔らかくし、栄養を補給してくれます。最近、乾燥で肌が荒れていたのですが、花梨の化粧水+スキンフードで見事に蘇りました。(2014年5月11日追記)肌荒れに悩んでいた秋〜春にかけて使い切りました。またこのねっとりとしたテクスチャーに頼りたいときリピートしたいと思っています。少し香りが強めでした。僕は好きな香りでしたが、苦手な人もいるかもしれません。

ヴェレダのスキンフード。

ヴェレダはドイツのナチュラルコスメメーカー。オーガニックコスメやアロマに興味のある人なら、名前はご存知と思います。そんなヴェレダが85年前の1926年に発売し、未だ変わらず多くの人に愛用されている保湿クリームが、スキンフードです。秋から冬にかけての乾燥対策に効果絶大。ハーブエキスを凝縮したクリームはこっくりを越え、ねっとり?としたテクスチャーで濃厚。荒れた肌を柔らかくし、栄養を補給してくれます。
最近、乾燥で肌が荒れていたのですが、花梨の化粧水+スキンフードで見事に蘇りました。

(2014年5月11日追記)
肌荒れに悩んでいた秋〜春にかけて使い切りました。またこのねっとりとしたテクスチャーに頼りたいときリピートしたいと思っています。少し香りが強めでした。僕は好きな香りでしたが、苦手な人もいるかもしれません。

マリメッコのNANOHANA。マリメッコは、フィンランドが世界に誇るテキスタイルメーカーです。数々のファブリックがありますが、中でもお気に入りがこのNANOHANA。昨年発表されたばかりの新しいデザインで、デザイナーは日本人の近藤正嗣さん。細かめのドット柄がマリメッコにしてはめずらしく、部屋の中で美しくなじみます。マリメッコデビューを考えている方にもおすすめのデザインです。見るたびに、春の野原のような明るく華やかな気持ちにさせてくれるファブリックです。(2014年5月11日追記)今もカーテン代わりに窓にかけています。まだ全然大丈夫ですが、いつか色褪せてしまうのかなぁ?と思うと、少し使い方を考えます。大切にしたいので。

マリメッコのNANOHANA。

マリメッコは、フィンランドが世界に誇るテキスタイルメーカーです。数々のファブリックがありますが、中でもお気に入りがこのNANOHANA。昨年発表されたばかりの新しいデザインで、デザイナーは日本人の近藤正嗣さん。細かめのドット柄がマリメッコにしてはめずらしく、部屋の中で美しくなじみます。マリメッコデビューを考えている方にもおすすめのデザインです。見るたびに、春の野原のような明るく華やかな気持ちにさせてくれるファブリックです。

(2014年5月11日追記)
今もカーテン代わりに窓にかけています。まだ全然大丈夫ですが、いつか色褪せてしまうのかなぁ?と思うと、少し使い方を考えます。大切にしたいので。

コーギーの靴下。コーギーは1892年創業、イギリスの老舗靴下メーカーです。高級感あふれる素材感・おしゃれな柄が素敵で、靴下で作り上げたきた歴史はブランドの信頼と魅力の裏づけとなっています。裸足で働いていた炭鉱労働者向けの暖かい靴下からスタートし、上質さが認められその後は教会へ出かけるときの晴れ着に、さらには軍用にも採用されました。1988年には英国王室御用達の認定を受けています。コーギーは履くたびに、靴下主体のコーディネートを考えたくなるようなときめきがあります。靴下は消耗品ですが、大切に履きたいと思う、いい意味での緊張感が好きです。(2014年5月11日追記)とても品質の良い靴下です。個人的に水玉があんまり似合わないと気づいたので、その後ボーダーを愛用しています。またリピートしたいです。

コーギーの靴下。

コーギーは1892年創業、イギリスの老舗靴下メーカーです。高級感あふれる素材感・おしゃれな柄が素敵で、靴下で作り上げたきた歴史はブランドの信頼と魅力の裏づけとなっています。
裸足で働いていた炭鉱労働者向けの暖かい靴下からスタートし、上質さが認められその後は教会へ出かけるときの晴れ着に、さらには軍用にも採用されました。1988年には英国王室御用達の認定を受けています。
コーギーは履くたびに、靴下主体のコーディネートを考えたくなるようなときめきがあります。靴下は消耗品ですが、大切に履きたいと思う、いい意味での緊張感が好きです。

(2014年5月11日追記)
とても品質の良い靴下です。個人的に水玉があんまり似合わないと気づいたので、その後ボーダーを愛用しています。またリピートしたいです。

無印良品のアルミハンガー。我が家のクローゼットの主力となっているのが、この無印良品のアルミハンガーです。少しずつ買い足し、1~2年をかけてハリガネハンガーから総入れ替えしました。見た目が美しく、錆びにくく、曲がりにくい。ジャケットなどは別の厚みのあるハンガーに掛けてますが、その他のシャツなどはすべてこれです。使えます。(2014年5月11日追記)ハリガネハンガーのように使っているうちに曲がってしまったりすることなく、買ったときの形のままずっと使用できています。最近服を断捨離したので、ハンガーが余ってしまいましたが、とても良いハンガーです。

無印良品のアルミハンガー。

我が家のクローゼットの主力となっているのが、この無印良品のアルミハンガーです。少しずつ買い足し、1~2年をかけてハリガネハンガーから総入れ替えしました。見た目が美しく、錆びにくく、曲がりにくい。ジャケットなどは別の厚みのあるハンガーに掛けてますが、その他のシャツなどはすべてこれです。使えます。

(2014年5月11日追記)
ハリガネハンガーのように使っているうちに曲がってしまったりすることなく、買ったときの形のままずっと使用できています。最近服を断捨離したので、ハンガーが余ってしまいましたが、とても良いハンガーです。

マダムサイトウの立体アイロン台。これまでラフに着ていたシャツにもちゃんとアイロンをかけたいと、30歳を目前に自然と思えるようになりました。しかしアイロンは苦手。このストレスを解決してくれたのが、マダムサイトウの立体アイロン台です。丸みのある台に生地がぴたっとくっつき、楽しいくらいにきれいにシワが伸ばせます。アイロン台にしては高価でしたが、本当に買ってよかった逸品です。(2014年5月11日追記)普通のアイロン台ではアイロンしたくないくらい、使いやすいアイロン台です。アイロンが前より苦でなくなって感じるのは、座ってかけるタイプではなく、立ってかけるタイプを買えばよかったなぁと。座ってかけるのって難しい。場所をとるかもしれませんが、立ってかけるタイプがおすすめです。

マダムサイトウの立体アイロン台。

これまでラフに着ていたシャツにもちゃんとアイロンをかけたいと、30歳を目前に自然と思えるようになりました。しかしアイロンは苦手。このストレスを解決してくれたのが、マダムサイトウの立体アイロン台です。丸みのある台に生地がぴたっとくっつき、楽しいくらいにきれいにシワが伸ばせます。アイロン台にしては高価でしたが、本当に買ってよかった逸品です。

(2014年5月11日追記)
普通のアイロン台ではアイロンしたくないくらい、使いやすいアイロン台です。アイロンが前より苦でなくなって感じるのは、座ってかけるタイプではなく、立ってかけるタイプを買えばよかったなぁと。座ってかけるのって難しい。場所をとるかもしれませんが、立ってかけるタイプがおすすめです。

モリカゲシャツのくるみボタン。年末、友人に京都を案内してもらい、モリカゲシャツを訪れました。清潔感あふれる店内に整然と並べられたシャツたちが、とても魅力的。メンズもレディスもあります。今回はハギレで作ったという麻のくるみボタンを購入。帰宅しボタンを交換してみたら、少し飽きてきた手持ちの白シャツが見事に蘇りました。シャツへの愛着と、新しい楽しみ方を気づかせてくれたモリカゲシャツ。また訪れたいと思います。(2014年5月11日追記)ボタンを替えていたシャツに寿命がきたので、ボタンを外してさよならしました。またこの麻のくるみボタンが似合う質感のシャツがあったらつけかえたいです。

モリカゲシャツのくるみボタン。

年末、友人に京都を案内してもらい、モリカゲシャツを訪れました。清潔感あふれる店内に整然と並べられたシャツたちが、とても魅力的。メンズもレディスもあります。今回はハギレで作ったという麻のくるみボタンを購入。帰宅しボタンを交換してみたら、少し飽きてきた手持ちの白シャツが見事に蘇りました。シャツへの愛着と、新しい楽しみ方を気づかせてくれたモリカゲシャツ。また訪れたいと思います。

(2014年5月11日追記)
ボタンを替えていたシャツに寿命がきたので、ボタンを外してさよならしました。またこの麻のくるみボタンが似合う質感のシャツがあったらつけかえたいです。

salet(サレット)のラペルピン。本物の花を使ったsaletのアクセサリー。ブリザーブドフラワーを特殊樹脂でコーティングしています。生花なのか造花なのか、一目みただけではわからない不思議な質感が魅力。でもやはり花びらの柔らかいカーブや、繊細な動きは本物だからこそ。ラペルピンだけでなく、コサージュやピアスなど、様々なアイテムがあります。結婚式やパーティーの装いにぴったりで、花を身に付ける非日常のときめきを与えてくれます。(2014年5月11日追記)なかなか使用する機会がないのですが、また次に出番があるときまで大切にしまっています。

salet(サレット)のラペルピン。

本物の花を使ったsaletのアクセサリー。ブリザーブドフラワーを特殊樹脂でコーティングしています。生花なのか造花なのか、一目みただけではわからない不思議な質感が魅力。でもやはり花びらの柔らかいカーブや、繊細な動きは本物だからこそ。ラペルピンだけでなく、コサージュやピアスなど、様々なアイテムがあります。結婚式やパーティーの装いにぴったりで、花を身に付ける非日常のときめきを与えてくれます。

(2014年5月11日追記)
なかなか使用する機会がないのですが、また次に出番があるときまで大切にしまっています。

ANDO GALLERYの葛西薫カレンダー。デザイン性に長けた定番カレンダーのひとつ、葛西薫(かさいかおる)さんのカレンダーです。今年で10周年だそうです。カレンダーを探していたときに、友人が以前おすすめしていたのを思い出し購入しました。必要最小限の情報のみを美しいレイアウトで見せるシンプルさが目に優しく、インテリアにも自然に溶け込みます。気に入ったので来年もリピートする予定です。どんどん予定を書き込んでいきたいと思っています。(2014年5月11日追記)結局、観賞用のインテリアになってしまいました。あまりにもそのままが綺麗すぎるので、予定も書き込めませんでした。リピートもせず、今はカレンダーなしです。

ANDO GALLERYの葛西薫カレンダー。

デザイン性に長けた定番カレンダーのひとつ、葛西薫(かさいかおる)さんのカレンダーです。今年で10周年だそうです。カレンダーを探していたときに、友人が以前おすすめしていたのを思い出し購入しました。必要最小限の情報のみを美しいレイアウトで見せるシンプルさが目に優しく、インテリアにも自然に溶け込みます。気に入ったので来年もリピートする予定です。どんどん予定を書き込んでいきたいと思っています。

(2014年5月11日追記)
結局、観賞用のインテリアになってしまいました。あまりにもそのままが綺麗すぎるので、予定も書き込めませんでした。リピートもせず、今はカレンダーなしです。